FC2ブログ
Cyc総合トップへ

『SaDistic BlooD』オフィシャルサイト公開。/和泉万夜&上田メタヲ

日記をスタートさせてから一ヶ月半。
ついにこの日がやって来ました、オフィシャルサイトの公開です。
新作のタイトルは『SaDistic BlooD(サディスティック ブラッド)』。
略称はきっとサドブラとかSDBとかになるのだと思います。

今日の時点でだいたいの情報は公開し予約も開始されておりますので、気に入った方は是非ご予約いただければと思います。
ちなみに、オフィシャル通販では『SaDistic BlooD描き下ろしオリジナルTシャツ』なるものも販売するようです。
オフィシャル通販担当さんによると、

「デザインは上田メタヲ氏描き下ろしで、氏曰く『結構外で着るのはアレかも・・・』的な絵になるようですが、氏の描き下ろしTシャツなんてなかなか手に入れることはないかと思いますので、この機会をご利用ください!!!」

とのことでした。
完全受注生産で、予約は11月30日までとのことですので、興味のある方は今のうちにチェックしておいてくださいませ。


さて、そんんなわけで軽くおさらいのような話になりますが、本作は規模はとても小さな作品です。
エッチシーンは基本的にダークでハードな内容になっておりますので、ちょっと気軽(?)に「うげぇっ」とか「ぎゃああっ」とか、むしろもう声も出せないとか、そういうのを見て見たい方は是非手に取ってくださいませ。

ちなみに、多少ご質問もいただいたりしたのですが、『MinDeaD BlooD』とは直接的な関わりのある作品ではありません。
吸血鬼という題材をもう一度扱うにあたって、ちょっとした小ネタ(人物や町の名前など)を入れたりはしてありますが、あくまでも新規の作品としてご覧ください。

……とは言え、15年も前の作品とはいえマイブラが好きな方々にも是非プレイしていただきたいと思いますし、どちらの作品も気に入っていただければ幸いに存じます。
宜しくお願い致します。

上田メタヲからのコメント

来週がサイト公開予定です。/和泉万夜

だいぶ涼しいと感じる日も増えてきましたが、皆様如何お過ごしのことでしょうか。
本日はサイト公開日をお伝えできることになりました。

サイト公開日は10月11日。

そう、一週間後です。
本当なら今日にもティザーサイトがあっても良かったくらいですが、そこまでの余裕は取れなかったので日記のみでの告知となります。
本作は小規模なタイトルですので、ダークでハードなエッチシーンに焦点を絞って一つでも多く盛り込めるように制作しております。
来週、サイトの情報を見てビビッときたら、そのままご予約していただけると非常に嬉しく思います。


さて、そんなわけで本日の画像をぺたり。
新作なので過去作の続編等ではありませんが、知っているとちょっと楽しめる(?)要素が幾つか入っていたりします。

知っているとちょっと楽しめる(?)要素

イベントCGが進行中/和泉万夜

金曜日の開発日記のお時間となりましたが、皆様如何お過ごしのことでしょうか。
本作の開発もだいぶ佳境に入り、様々な素材が出来上がってきました。
特にここ数日はイベント絵が仕上がってきており、女の子達が色々と酷いことをされております。
10月中にはオフィシャルサイトも公開することになると思いますので、詳細はもうしばらくお待ちくださいませ。

ちなみに本日のオマケ画像はイベントCGの一部を公開。
ダークでハードなことをされてちょっぴり赤いものが出ているようです。

▼ちょっぴり赤い画像▼
ちょっぴり赤いものが……

もう少し踏み込んだ情報/和泉万夜

開発中の画面
▲開発中の画面です▲


本日も開発日記の時間がやって参りました。
そろそろもっと踏み込んだ情報も出していきたいと思いながら、どこまで出すかをわりとこれを書く直前まで悩んでいたのですが、思い切って今回の画像を出してみることにしました。
そんなわけで、いわゆる『吸血鬼』を題材とした作品となります。
吸血鬼+ダークでハードなエッチシーン、というあたりでどんな内容になるのか想像していただければと思います。
また、日記の第一回でも触れてありますが、過去作のリメイクや続編といったものではなく、この題材を使っての新規の作品となりますので、そのあたりはご注意くださいませ。

ダークでハードなエッチシーンになるのです。/和泉万夜

販促の関係上でまだタイトルが出せない本作の開発日記のお時間となりました。
どんな内容なのかはこちらの日記で少しずつ出していく予定ですが、オフィシャルサイトの公開日もそれほど遠くはないと思います。
たぶん、月末近くにはまとまった情報をお伝えできるのではないかと思います。

現在の開発状況としては、キャラクターデザイン等は完了し、基本的な立ち絵も完成しています。
蟲愛とはまた違った雰囲気のデザインですので、どうぞお楽しみに。

シナリオは半分程度が執筆完了。
でも、例によってボリュームオーバーしかけている雰囲気が漂ってきているので、あれやこれやと調整をかけている日々だったりします。
今回はダークでハードな雰囲気のエッチシーンを一つのアピールポイントとして考えておりますので、そちらに興味がある方は目を向けていただけると幸いです。


……というわけで、作品の雰囲気を感じ取っていただくために、上田さんから送られてきたエッチシーンの指定書をぺたり。
ダークでハードな空気を感じながら、今後の情報をお待ちくださいませ。
ダークでハードなエッチシーン