FC2ブログ
Cyc総合トップへ

お詫び/ランバオフィシャル通販担当

「蟲クンぬいぐるみ」30名様プレゼント



完全受注生産「蟲クンぬいぐるみ」と「蟲クンTシャツ」

の納期に関するお知らせとお詫びです




大変お世話になっております。
ランバオフィシャル通販担当です。
この度は、【EXTRAVAGANZA~蟲狂編~】関連商品につき、ランバオフィシャル通販をご利用いただき誠にありがとうございました。心よりお礼申し上げます。

さて、プレゼントと受注生産商品ですが、当初お知らせしておりました納期につき、遅れが出ている連絡がまいりましたので、下記の通りお知らせとお詫び申し上げます。


■「蟲クンぬいぐるみ」30名様プレゼント
複雑な形状のため、製造(完全手作り)に時間を要しているという連絡が参りました。
誠に申し訳ございません。
現在の発送時期は、7月末~8月上旬を予定しております。
発送が完了次第、「発注通知」メールをお送りいたしますので、何とぞよろしくお願いいたします。



■完全受注生産「蟲クンTシャツ」
現在製造中ですが、繁忙期のため少し時間を要しているという連絡が参りました。
誠に申し訳ございません。
現在の発送時期は、7月後半~7月末を予定しております。
発送が完了次第、「発注通知」メールをお送りいたしますので、何とぞよろしくお願いいたします。



■完全受注生産「蟲クンぬいぐるみ」
複雑な形状のため、製造(完全手作り)に時間を要しているという連絡が参りました。
誠に申し訳ございません。
現在の発送時期は、8月末~9月上旬を予定しております。
発送が完了次第、「発注通知」メールをお送りいたしますので、何とぞよろしくお願いいたします。



プレゼントと受注生産商品の到着を心待ちにしていただいておりますにもかかわらず、遅れが出ておりますこと誠に申し訳ございません。
重ねてお詫び申し上げます。

できるだけ早くお届けできるように、今後も製造業者様と調整を進めて参りますので、何とぞご理解くださいますようお願い申し上げます。

取り急ぎ、ご報告ならびにお詫び申し上げます。

『EXTRAVAGANZA~蟲狂編~』開発日記最終回/和泉万夜

後日談(?)
何だかんだで早いもので、『EXTRAVAGANZA~蟲狂編~』が発売されてから一ヶ月以上が経過しました。
ありがたい事にメール等、直接のご感想もいただきまして、改めて本作の企画を出して良かったと感じております。
本編の発売から十年経ってもキャラクター達に愛着を持っていただいていること、本当に感謝しております。

尚、画像はもう一度水族館に行ったときの1コマ、みたいなものだと思います、たぶん。


『蟲クンぬいぐるみ』について、多数のご注文をいただきありがとうございました。
完全受注生産であり、注文受付は本日までとなっておりますので、購入するつもりだったのにまだ注文してなかったという方は、どうぞお急ぎください。
蟲クンとのハッピーライフはすぐそこだっ!


さて、そんなわけで前回の日記のコメントに対するお返事です。
-------------------------------------------------------------------------------------
▼『EXTRAVAMIZUNA』について
こちらについては、単体の販売予定はないとの事なので、今のところ『EXTRAVAGANZA Complete Edition』のみの販売となります。
申し訳ありませんが、ご検討いただければと思います。


▼他作品のリメイクについて
他作品のリメイクといった声は、是非メーカー様に届けてください。
(コメントに書かれている時点で、メーカーのスタッフ様も見ておりますが)
ユーザー様の熱い声があれば、また何かが動き出すこともあるかもしれませんので。


▼人気投票コメントについて
テキストのみの貼り付けとなりましたが、喜んでいただけたようで何よりです。
十年前のデータをしっかりと残していた甲斐がありました。
各キャラクターのコメントを見ていると、私自身も懐かしかったです。
-------------------------------------------------------------------------------------


……と言うわけで、そろそろ本当にお別れの時間が近付いて参りました。
今回はファンブックもつけることができ、ひとまずは書きたいことを書き、語りたいことを語ることができました。
十年も前に書き残してしまったものを、今になって実現する機会が得られたことは本当に幸せでした。

夢美と蟲クンが手(と触手)を繋いで夕陽に向かっていくオープニングから十年。
本作をもってEXTRAVAGANZAの最後の夜は明けました。

ユーザーの皆様、開発に携わったスタッフの皆様、それからきっと私の知らないところでも尽力していただいた方々、本当にありがとうございました。